稲城第七小学校 学校日記

学習や行事の様子をお伝えします。

最後の児童集会!(3月15日)


  15日は今年度最後の児童集会、「7の字大玉転がし」ゲームでした。大玉転がしといえば運動会でしか経験することはできないし、さらに赤白対決ではなく、男女対決というおもしろいルールを集会委員の人たちが企画していました。全校で集まるのは今日が最後でした。楽しい集会ではありましたが、同時にさびしさも感じてしまいました…。

たてわりお別れ活動(3月9日)


DSC_0020_convert_20180311164428.jpg
  一年に一度、6年生を送る会のあとにたてわり班でお弁当会食をし、その後班ごとに遊んだりゲームをしたりする活動があります。5年生が中心となり企画をしてきました。この日は一日「卒業、お別れ」モードとなりますが、思い出のページがまた一つ、増えました。

白玉団子作り(5年生)


DSC_0022_convert_20180311163357.jpg
 5年生は家庭科の授業で白玉団子作りをしました。調理実習は子供たちにとっても楽しい授業ですが、同時に気の緩みにもつながることがあります。被服を整える、爪を切る、火の取り扱いに注意するなど、調理をする上で大切なこともしっかり指導しています。

6年生を送る会(3月9日)

DSC_0014_convert_20180311165032.jpg
DSC_0011_convert_20180311165106.jpg

DSC_0018_convert_20180311164542.jpg
  毎年、この学校行事の時期がくると、慌ただしさと同時に寂しさも押し寄せてきます。今年も各学年が6年生のためにさまざまな出し物を披露していました。6年生の合奏には「アンコール」が、そして稲城のシンボル「なすのすけ」が…。6年生への感謝の気持ちも込めたサプライズ続きの会となりました。

感謝の気持ちを伝えよう(6年生)


  家庭科の単元「感謝の気持ちを伝えよう」では、在校中お世話になった教員や主事さん、給食配膳員さんなどに自分たちで献立から調理まで担当した料理を試食をしてもらう学習を行いました。メッセージ付のカードとともに、各学級、各グループで趣向を凝らした内容で感謝の気持ちを伝えました。おいしくいただき、私たち教職員にとっても良い思い出になりました。

感謝の会(3月2日)

DSC_0541_convert_20180306192858.jpg
DSC_0543_convert_20180306193219.jpg
  6年生が主体となり企画、運営を進めてきた「感謝の会」。保護者の方々と児童がテーブルを囲んで会食をしたり出し物を観たりすることはなかなかないので、小学校での良い思い出となりました。卒業式まであと二週間です…。

最後の大縄大会に向けて


  今年度最後の体育朝会が、来週13日にあります。休み時間にも練習するクラスがあり、「今の学級で最後だから、みんなで頑張りたい」という気持ちも表れているようです。得意な子、苦手な子がいる中でどれだけ気持ちを一つにできるかが大事ですが、いい記録を出すことだけが目的ではありません。今から当日が楽しみです。

音楽集会(3月1日)


DSC_0539_convert_20180306192726.jpg
 来週9日の「6年生を送る会」に向けて、歌の練習をしました。曲名はお別れソングの定番、「グッデイ、グッバイ」です。お世話になった6年生を元気な声で送りたい! という気持ちが体育館いっぱいにあふれ、朝から元気な歌声が響きました。