稲城第七小学校 学校日記

学習や行事の様子をお伝えします。

セーフティ教室(4/21)


  本日の学校公開で、全学年とも「セーフティ教室」を開催しました。多摩中央警察、スクールガードリーダーの方をお招きして、不審者対応、危険な場所、万引き・窃盗についての講話を受けました。毎年行なっていますが、何度も繰り返し話を続けることは、抑制効果の高まりにもつながっていきます。ご家庭でも折にふれ話をしてください。

委員会活動が始まりました(4/17)


DSC_0113_convert_20180417201212.jpg
DSC_0111_convert_20180417201044.jpg
  今年度の委員会活動は今日が初日。どの委員会も委員長、副委員長などまとめ役を決めるところから始まりました。入学式以降最高学年としての自覚が芽生えた6年生を中心に委員長などが決まっていきました。5年生の立候補も少なくなく、初日から意欲あふれる話合い活動となっています。実際の活動も期待したいです。

最後の児童集会!(3月15日)


  15日は今年度最後の児童集会、「7の字大玉転がし」ゲームでした。大玉転がしといえば運動会でしか経験することはできないし、さらに赤白対決ではなく、男女対決というおもしろいルールを集会委員の人たちが企画していました。全校で集まるのは今日が最後でした。楽しい集会ではありましたが、同時にさびしさも感じてしまいました…。

たてわりお別れ活動(3月9日)


DSC_0020_convert_20180311164428.jpg
  一年に一度、6年生を送る会のあとにたてわり班でお弁当会食をし、その後班ごとに遊んだりゲームをしたりする活動があります。5年生が中心となり企画をしてきました。この日は一日「卒業、お別れ」モードとなりますが、思い出のページがまた一つ、増えました。

白玉団子作り(5年生)


DSC_0022_convert_20180311163357.jpg
 5年生は家庭科の授業で白玉団子作りをしました。調理実習は子供たちにとっても楽しい授業ですが、同時に気の緩みにもつながることがあります。被服を整える、爪を切る、火の取り扱いに注意するなど、調理をする上で大切なこともしっかり指導しています。